山仁哲学堂 > 基本用語

カテゴリの一覧

基本テキスト

基本用語

分室

堂主紹介

profil
都の西北で東洋哲学を専攻、漢文とニラメッコしつつ、ちょっとサンスクリットに首をつっこんですぐザセツしてみたりした20代。
在学中にアレヨアレヨと社長業につき、現在にいたる辛亥生まれ。

「基本用語」の一覧(全4件)

四諦(したい):07/03/27
「四諦」とは、仏教で説く人生問題とその解決方法についての四種の真理のこと。苦諦(くたい)・集諦(じったい)・道諦(どうたい)・滅諦(めったい)の四つからなり、人生に生じるあらゆる問題を解決するために、非常に合理的かつ実践的な思考方法です。
娑婆(しゃば):07/09/12
「娑婆」とは、我々の生存するこの世のこと。語源的には「忍ぶ」という意味が含まれています。
業(ごう):08/12/01
「業(ごう)」とは、人間のなす行為、およびそれが残す潜在的な余力のことをいいます。
因縁果(いんねんか):08/12/14
「因」は結果をまねくべき直接の原因、「縁」は「因」を助けて結果を生ぜしめる間接の原因、「果」はこれら「因」「縁」によって生起された結果のこと。
前のカテゴリは基本テキストです。 次のカテゴリは人生哲学です。
 山仁哲学堂 > 基本用語