山仁哲学堂 > 基本用語 > 娑婆(しゃば)

娑婆(しゃば)

我々の生存するこの世のこと。
サンスクリット語のsaha(上-)の音写(サンスクリット音に類似の発音の漢字をあてたもの)で、語源的には「忍ぶ」という意味が含まれます。この世界に住む我々にはいろいろな煩悩があり、周囲には風雨寒暑などがあって、それらの苦悩を堪え忍ばなければならないことからこの名称があります。


【関連記事】

[山仁哲学堂]より
娑婆(しゃば)    (07/09/12)

【キーワード】

娑婆,しゃば,忍ぶ,煩悩,苦悩,


  

Posted at 07/09/12 17:09 | Edit

前の記事を読む |  次の記事を読む |  [基本用語]の一覧を表示 | 
 山仁哲学堂 > 基本用語 > 娑婆(しゃば)

コメントを投稿

(コメントはサイト運営者の承認後、表示されます。)






このエントリーのトラックバックURL http://yamani.xsrv.jp/mt2/mt-tb.cgi/409