山仁哲学堂 >  MovableType覚書  >  インポートデータ作成の為のエクセル上の基礎知識

このカテゴリについて

Movable Type に関する、純粋に個人的な覚書です。人に見られることをあまり意識せず、堂主が実際に使用しているソースをそのまま貼り付けていますので、内容が分かりにくいかもしれません。一部PHPも含まれています。役に立つようでしたら参考にしてください。

インポートデータ作成の為のエクセル上の基礎知識

MTにインポートするためのエクセルデータを編集する際の覚書です。

エクセルのセル単位では、数値の桁区切りや年月日の表示形式を書式設定でコントロールするのは簡単ですが、「&」や「CONCATENATE」を使ってこれらと文字列などとを連結させる場合には、そのままでは数値の桁区切りは表示できず、年月日はシリアル値になってしまいます。

これらの問題を解決するには次のように関数を使用します。

3桁以下の数値の桁表示を4桁に統一する

=TEXT(セル番地,"0000")

数値に桁区切りを表示する

=TEXT(セル番地,"#,###")
又は
=FIXED(セル番地,0,FALSE)

年月をシリアル値から取得する

=TEXT(セル番地,"yyyy年m月")
又は
=YEAR(セル番地)&"年"&MONTH(セル番地)&"月"

これらを&で結合する

=TEXT(セル番地1,"0000")&TEXT(セル番地2,"yyyy年mm月")&TEXT(セル番地3,"#,###")


【キーワード】

エクセル,TEXT,セル番地,数値,シリアル値,桁区切り,&,CONCATENATE


  

Posted at 09/02/13 15:02 | Edit

前の記事を読む |  次の記事を読む |  [MovableType覚書]の一覧を表示 | 
 山仁哲学堂 >  MovableType覚書  >  インポートデータ作成の為のエクセル上の基礎知識

コメントを投稿

(コメントはサイト運営者の承認後、表示されます。)






このエントリーのトラックバックURL http://yamani.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/7077