山仁哲学堂 >  ARCHITREND覚書  >  条例などによる高さ・斜線制限を設定する方法

条例などによる高さ・斜線制限を設定する方法

条例などで、建築基準法による高さ制限とは異なる規制がある場合に、その高さ・斜線制限を独自に設定する方法。

手順は次の通り。

[ボリューム計画図]or[配置図]

[設定]

[専用]

[斜線タイプ]

[高度地区]

[高度地区3]
(ふさわしいものを選ぶ)

[勾配1]入力

[立上1]入力

[絶対高]入力

[OK]

[敷地]

[境界線]

対象敷地を選択

対象境界線を選択

[敷地境界線]
「隣地境界線」を選択

[斜線タイプ]
「高度地区3」を選択

隣地斜線等に関してはこれでOK。ただし、北側斜線に関しては、「真北方向の水平距離」に対応出来ていないので、立面図等で検討するしかないとのこと。


【キーワード】

高さ,斜線,制限,条例,建築基準法,北側斜線,隣地斜線,真北,水平距離,


  

Posted at 09/05/19 16:05 | Edit

前の記事を読む |  次の記事を読む |  [ARCHITREND覚書]の一覧を表示 | 
 山仁哲学堂 >  ARCHITREND覚書  >  条例などによる高さ・斜線制限を設定する方法

コメントを投稿

(コメントはサイト運営者の承認後、表示されます。)






このエントリーのトラックバックURL http://yamani.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/7220