山仁哲学堂 > ARCHITREND覚書 > 自動作図する際に、特定の文字や線が消去されないようにする

自動作図する際に、特定の文字や線が消去されないようにする

自動作図する際に、特定の文字や線が消去されないようにする方法。ここでは矩計図での例。

  1. 自動作図の際に残しておきたい文字や線を選択。
  2. 右メニューの[編集]-[要素]で[レイヤ]にチェック。
  3. 任意のレイヤを選択。たとえば「005 データ 005」。
  4. OK。
  5. 上メニューから[設定]-[矩計図初期設定]-[保護レイヤ]で「005 データ 005」を[ON]。
  6. OK。

これで、矩計図を再度自動立ち上げしても、「005 データ 005」レイヤに指定されたデータは消えません。

追記 2009/06/03

平面図において[保護レイヤ]機能はありませんが、「001 データ 001」レイヤのデータは消去されません。


【キーワード】

自動作図,保護レイヤ,


  

Posted at 09/05/29 18:05 | Edit

前の記事を読む |  次の記事を読む |  [ARCHITREND覚書]の一覧を表示 | 
 山仁哲学堂 > ARCHITREND覚書 > 自動作図する際に、特定の文字や線が消去されないようにする

コメントを投稿

(コメントはサイト運営者の承認後、表示されます。)






このエントリーのトラックバックURL http://yamani.xsrv.jp/mt2/mt-tb.cgi/439